新盆の意味と準備について


お盆は故人や先祖の霊が帰ってくる時期だと考えられています。
毎年、7月や8月のお盆の時期にお墓参りをしたり先祖の霊を迎え入れる準備をされる方も多いことでしょう。
「新盆」「初盆」とは、故人が亡くなって四十九日を過ぎた後に初めて迎えるお盆のことをいいます。
今回は、新盆について詳しく解説します。

新盆の意味と時期

新盆とは、人が亡くなってから四十九日を過ぎた後に初めて迎えるお盆のことを指します。
したがって、四十九日前にお盆の時期が来た場合には翌年のお盆が新盆となるので注意しましょう。
例えば7月に亡くなった場合は、新盆を迎えるのは翌年のお盆となります。

地域によっては「初盆」と呼ばれることもありますが、新盆と初盆の意味の違いはありません。
また、読み方も地域によって違いがあります。

  • 新盆…「にいぼん」「あらぼん」「しんぼん」
  • 初盆…「はつぼん」「ういぼん」

お盆は「故人や先祖の霊が家に帰ってくる日」ととらえられています。
新盆の場合は「初めて故人をお迎えする日」という意味合いから、通常のお盆よりも手厚く供養の儀式が行われるのが一般的です。

7月盆と8月盆

お盆の時期には地域差があります。

時期地域
7月盆7月13日~16日東京・神奈川など
8月盆8月13日~16日ほぼ全国
旧盆
旧暦の7月13日~16日北海道・関西地方・沖縄など

お盆休みが8月にあることが多く、帰省ラッシュなどのニュースが報道されます。
そのため一般的にお盆は8月と思われがちですが、地域によっては7月にお盆を行うところもあります。
「7月盆」を東京盆、「8月盆」を月遅れ盆とよぶこともあります。
お盆の時期が複数あるのは、明治時代に暦が変わったことに要因があります。
7月は農作業が忙しい時期の為、8月にお盆を行う地域が増えました。
また、東京に人口が集中したことを受けて7月は東京でお盆を迎え、8月は実家に帰省してご先祖さまとともにお盆を過ごせるように、という説もあります。

新盆のお供えや仏壇飾り

盆提灯


盆提灯には、白色無地のものと絵柄が入ったものの2種類あります。
新盆の場合、盆提灯は白色無地のものを使用します。
この白色無地の提灯は「初めて帰ってくる故人が迷わないように」との願いを込めて設置します。
昔は提灯の中にろうそくを入れていましたが、現在では火災防止の観点からろうそくを入れなかったり電気式のタイプを使用したりするケースが増えてきています。
一般的には祭壇の両脇に置かれますが、玄関や軒先などに白色無地の提灯を吊るすこともあります。

精霊棚


精霊棚は盆棚ともよばれ、ご先祖さまをお迎えするために設置する祭壇を指します。
仏壇の前に小机を置き、真菰(まこも)や敷物を敷きます。
精霊棚中央に本尊や位牌を祀り、お供え物を置きます。
精霊棚左右に提灯を飾ります。

お供え物

きゅうりやなすび


お盆のお供え物としてよく知られているのがきゅうりとなすびです。
それぞれにおがらや割り箸を挿すことで「きゅうりの馬、なすびの牛」に見立てます。
これらは精霊馬、精霊牛ともよばれます。
馬に乗って早く来てもらい、牛に乗ってゆっくり帰ってもらう、という願いが込められています。
きゅうりやなすびの他、お盆特有のお供え物についても紹介します。

そうめん

仏様が行き帰りをするために使う手綱、という意味があります。

ほおづき


提灯と似た形をしていることから、故人が迷わないように帰ってきてくれるようにするために、という願いがあります。

水の子


水の子とは、茄子やキュウリを切った後、洗った米と混ぜて水にひたしたものです。
仏様が喉の渇きで困らないように、という意味があります。

浄水

仏様が喉が乾かないように、という願いのほか、悪霊を払うという意味合いもあります。

新盆の法要

新盆、通常のお盆ともに「故人さまをお迎えする」という意味では共通です。
新盆の場合には「法要を執り行う」点で通常のお盆と異なり、親族を招いて盛大に行われるケースが多いです。
一般的には、僧侶を自宅にお招きして法要を行います。
ご先祖さまが自宅に帰ってくるのがお盆ですので自宅で行うことが基本となりますが、例外として寺院や法要会館などで行うこともあります。
精霊棚の前で供養、読経していただくので「棚経」(たなぎょう)ともよばれます。
通常、14日または15日に行われることが多いですが、地域や寺院の都合により前後することもあります。
お盆は寺院も忙しい時期となりますので、早目に連絡を取ることをおすすめします。

新盆のお布施の相場としては、1万円~3万円といわれています。
その他、御車代や御膳料として5千円~1万円程度をお気持ちとしてお包みするのがよいでしょう。

新盆の流れ

13日(迎え火)


午前中に精霊棚を設置します。
日中にお墓参りを行います。
夕方に自宅の玄関先などで迎え火を焚きます。
盆提灯を灯します。

14日から15日

自宅に親族や友人を招き、僧侶をよんで新盆法要を行います。

新盆法要の流れ

  1. 僧侶の挨拶と読経
  2. 参列者の焼香
  3. 僧侶へお礼
  4. お墓参り
  5. 会食
  6. 引き出物をお渡し

16日(送り火)

迎え火と同じように、おがらや松の木などを使用して自宅の玄関先で送り火を焚きます。
送り火を焚く際に、白提灯や精霊馬を一緒に燃やす場合もありますが、マンションなどの住宅事情を鑑みて行いましょう。
地域によっては、川などに送り火を流す精霊流しや灯篭流しなどの行事が現在でも行われています。

宗教による新盆の違い

お盆は仏教行事のひとつとして行われるのが一般的ですが、習俗として根付いている文化でもありますので、仏教以外の宗教でもお盆を行事として行うこともあります。
お盆は宗旨宗派によって違いがありますので紹介いたします。

浄土真宗

浄土真宗では、人は亡くなるとすぐに仏様になると考えられているため「死後の旅」という概念や霊が自宅に帰ってくるという考え方はありません。
したがって浄土真宗の場合、「迎え火や送り火」「きゅうりの馬やなすびの牛」の準備は不要だと考えられています。
新盆も通常のお盆と同じようにする、という考え方があります。
そのため浄土真宗のお盆は他の宗派に比べ非常に簡素な傾向にあります。
浄土真宗のお盆は、ご先祖さまを縁として仏教の教えに接する場としてとらえられています。

真言宗


真言宗のお盆は精霊棚に精進料理をお供えする、というのが特徴です。
故人にお供えするものは、家人が食べるものと同じものである、として他の宗派にくらべて野菜や果物などのお供え物を多く用意することが多いです。

神道


神道においても新盆は特別なものとして扱われ、「新盆祭」や「新御霊祭」などとよばれます。
神道と仏教では「死」に対する考え方は違いますが、新盆を大切にするという点では共通しています。
神道と仏教のお盆について大まかな流れはほぼ一緒です。
例えば、迎え火や送り火を焚いたりお墓参りを行います。

神道の場合は以下の点に注意しましょう。

  • お香ではなく「榊」を備えます
  • 盆提灯は蓮の絵柄が入っていないものを選びます
  • 祭壇には、榊、米、酒、塩、野菜、魚、餅、乾物などを捧げます
  • 13日は「お迎えするための団子」を置きます
  • 15日は「お見送りするための団子」を置きます

~筆者のひとりごと~

自己紹介:40代男性、妻と長女の3人暮らし。涙もろくロマンチスト。

今回は新盆について解説しました。

新盆を迎えるにあたり、法要やお供え物の準備についてわからない、不安に感じる方も少なくないと思います。
初めてのことが多く戸惑うこともあるかもしれませんが、大切なのは故人を偲び供養する気持ちではないでしょうか。
大切な家族が亡くなって初めて迎えるお盆ですので、なるべく早く準備を行い故人の魂をお迎えして故人様へ感謝を表したいものです。

新盆に限らず、お盆は仏教行事のひとつとして日本人の文化に根付いています。
一例をあげると、七夕は「棚幡」とも書き、7日の夕方には精霊棚や笹、幡などを置きます。
また、各地域で行われる盆踊りや花火大会なども仏教行事といわれています。

さらに、京都の「五山の送り火」徳島の「阿波踊り」長崎の「精霊流し」等は特に有名です。
このような文化を大切にして後世に受け継いでいきたいものですね。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP

戒名の意味と戒名料の相場

墓石や墓誌、位牌などに書かれた戒名を見たことがある人も多いことでしょう。
戒名の意義の疑問や戒名料が高額だという観点から、戒名にはマイナスのイメージがあるかもしれません。
ここでは戒名の意味や宗派による違いなどについてまとめました。

戒名とは

戒名とは、仏教の戒律を守って仏弟子の修行を行うための証として付けられる故人の名前のことを指します。
仏教の戒律は、悪事を働く行為を禁じていて、戒律を守らなければ地獄に落ちるという教えの規範です。
一般的には、葬儀を行う際に菩提寺に依頼して戒名を授けてもらいます。
戒名は宗派によって呼び名が異なり、文字数や構成にも違いがあります。
浄土真宗の教えには、戒名がないため受戒が存在しません。
仏法をよりどころとして生活する証としての法名が授けられます。
日蓮宗では、戒名のことを法号と読むのが正式だとされています。

戒名の構成

元来、戒名は2文字で構成されていました。
現代では、「院号」「道号」「戒名(法号)」「位号」を組み合わせて6文字から9文字が一般的になっています。
戒名の構成にはそれぞれ意味があります。
また、戒名にはランク付けがされています。

院号

生前にお寺や社会に大きく貢献した人が授かるもので、戒名の中で最も高い位です。
天皇が隠居された御所を「〇〇院」と称したことが始まりとされています。

道号

亡くなった人の性格や趣味、功績に関係する文字を入れることが多いです。
浄土宗では、誉号といって「誉」の文字を入れることがあります。

戒名(法号)

俗名の一文字や宗派に関係した文字を入れることが一般的です。

位号

戒名の最後に付けられる漢字2文字の部分です。
「~様」という意味合いがありますが、仏教徒の階級(ランク)を表す部分でもあり、性別や年齢によっても違いがでてきます。

  • 水子   …胎児
  • 嬰子・嬰女…0歳~1歳までの男女
  • 孩子・孩女…2歳~3歳までの男女
  • 童子・童女…4歳~17歳までの男女
  • 信士・信女…18歳以上の男女
  • 居士・大姉…位の高い人や寺院に貢献した人

戒名のランクと戒名料の相場

戒名料は地域差や宗派、寺院の規模により異なります。
あくまでも目安として参考にしてください。

院居士・院大姉:100万円~

院居士・院大姉は最高ランクの戒名です。
社会的な貢献やお寺への貢献度が高い方にのみ授けられるものです。

院信士・院信女:50万円~100万円

院信士・院信女は上から2番目の階級です。

居士・大姉:50万円~80万円

居士・大姉は上から3番目の階級です。

信士・信女:10万円~50万円

信士・信女は一般戒名ともいわれ、葬儀の際に授かる戒名としてはもっとも一般的なものだといえます。

宗派による違い

浄土真宗

浄土真宗の教えは、阿弥陀如来の働きによって救われるものだとし戒律が存在しないため「戒名」という言葉を用いません。
仏法に帰依して仏弟子なった証として「法名」が授けられます。

  • 男性:釋〇〇
  • 女性:釋尼〇〇

「釋」はお釈迦様の「釋」であるとされ、お釈迦様の弟子になるという意味があります。
「釋」「釋尼」のあとに漢字2文字が入ります。

ランクの高い順に
(男性の場合)
△△院釋〇〇(6文字:院釋)
釋〇〇   (3文字:釋)

(女性の場合)
△△院釋尼〇〇(7文字:院釋尼)
釋尼〇〇   (4文字:釋尼)

浄土真宗の場合、お位牌の代わりに過去帳を用いるのが一般的です。

日蓮宗

日蓮宗の場合、戒名のことを法号とよぶことが多いです。

日蓮宗独特のものとして日号とよばれるものがあります。
日号の「日」は日蓮上人の教えの意からきています。

道号に男性は「法」女性は「妙」が用いられることが多いのが特徴です。

ランクの高い順に
(男性の場合)
△△院法〇日▽居士(9文字:院居士)
△△院法〇日▽信士(9文字:院日信士)
△△院〇〇〇〇信士(9文字:院信士)
〇〇〇〇信士   (6文字:信士)

(女性の場合)
△△院妙〇日▽大姉(9文字:院大姉)
△△院妙〇日▽大姉(9文字:院日大姉)
△△院〇〇〇〇信女(9文字:院信女)
〇〇〇〇信女   (6文字:信女)

位牌などで戒名(法号)の上に「妙法」と記すことも日蓮宗の特徴となります。

天台宗・真言宗・浄土宗・曹洞宗・臨済宗

梵字ア

ランクの高い順に
(男性の場合)
△△院〇〇〇〇居士(9文字:院居士)
〇〇〇〇居士   (6文字:居士)
〇〇〇〇信士   (6文字:信士)

 

梵字キリーク

(女性の場合)
△△院〇〇〇〇大姉(9文字:院大姉)
〇〇〇〇大姉   (6文字:大姉)
〇〇〇〇信女   (6文字:信女)

 

位牌などで戒名の上に梵字が入ることがあります。

梵字カ
  • 真言宗・天台宗:梵字「ア」大日如来
  • 浄土宗:梵字「キリーク」阿弥陀如来
  • 子ども:梵字「カ」地蔵菩薩
  • 曹洞宗・臨済宗:梵字「バク」漢字「空」
梵字バク

~筆者のひとりごと~

自己紹介:40代男性、妻と長女の3人暮らし。涙もろくロマンチスト。

今回は戒名について解説しました。

戒名は基本的に2文字で構成されています。
仏の世界は身分に関係なく平等であることを表しています。
また、仏弟子としての階級や性別を表す文字もあります。
本来、戒名はランク付けするものではないのですが、江戸時代の家制度や身分制度により今日にも引き継がれているるとされています。

一般的に戒名は亡くなった後に授かることが多いですが、生前にもらう戒名(生前戒名)があります。
終活の一環として生前戒名を希望される方も増えてきています。
自分の好きな文字を選ぶことができることや子供たちの経済的負担軽減というメリットがあります。

以下、戒名に適さない文字もあります。
「死」「病」「殺」など縁起の悪い忌み文字。
「乃」「也」「於」など意味のなさない文字。
「豚」「牛」「猫」など動物をあらわす文字。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP

御膳料と御車代

四十九日法要や一周忌法要などの法要の際に、読経していただいた謝礼として僧侶へお布施をお渡しすることはよく知られています。

お布施について詳しくはこちら

お布施の他に用意するものとして、「御膳料」や「御車代」などがあります。

御膳料とは


「御膳料」とは、御膳(食事)の代わりとして僧侶へお渡しするものです。

一般的に四十九日や一周忌、三回忌などの法要の後に、お斎(おとき)とよばれる会食が行われます。
会食を行わない場合や僧侶が会食を辞退したときに謝礼として御膳料をお包みします。
僧侶が会食に参加した場合や弁当などをお渡ししたときには、御膳料を用意しなくても構わないとされています。

御膳料の相場

御膳料は、5,000円または10,000円が相場とされています。
お布施とは別々の封筒に入れたほうがよいでしょう。

御車代とは

「御車代」とは、読経のために出向いてくれた僧侶の交通費です。
お寺で法事を行う場合には御車代は不要です。
お寺以外の場所(自宅や式場など)に来ていただいたときに御車代をお包みします。

御車代の相場

御車代は、5,000円または10,000円が相場とされています。
ただし、飛行機や新幹線などを利用して遠方から来ていただくときは、多めに包んだほうがよいでしょう。
御車代には僧侶への心づけという意味合いもあるので、寺院からの距離にかかわらず最低限の心づけとして5,000円を用意するのが望ましいです。
お布施や御膳料とは別々の封筒でお包みするのが基本となります。

御膳料、御車代の書き方

「御膳料」「御車代」と印字されているものや短冊が一緒に同封されているものなどが文具店やコンビニなどで販売されています。
もちろん白無地の封筒でもOKですが注意点があります。

  • 郵便番号が印字されていないもの
  • 二重封筒でないもの

弔事において二重は「不幸が重なる」と縁起が悪いとされています。

使用する筆記具は筆がベストですが、最近では筆ペンで書くのが一般的です。
薄墨ではなく通常の濃墨で構いません。
薄墨には「悲しさのあまり涙で墨が薄まった」という意味があるので遺族に渡す香典の場合は薄い墨を使用します。
御膳料、御車代は僧侶へお渡しするものなので通常の濃い墨のほうがよいのです。

表面

表の中央の上半分に「御膳料」または「御車代」と書きます。
表の下側に「施主名」または「○○家」と書きます。

裏面

裏面の左下に住所と金額を書きます。
住所が右、金額が左になるように書きます。
金額の記入は、アラビア数字(1.2.3…)ではなく漢数字や大字を用います。
数字の改ざんを防ぐ意味で「金壱萬円」「金伍阡圓」のように記入します。

御膳料、御車代のお金の入れ方

お札の肖像画が描かれた方が表です。
お札の表と袋の表が同じ向きになるように入れます。
僧侶にお渡しする御膳料や御車代は新札のほうが好ましいです。

香典の場合と逆になるので注意しましょう。
香典はお悔みなので「顔を伏せる」という意味からお札の裏と袋の表が同じ向きになるように入れます。
新札だと「不幸を予想して新札を用意していた」と思われる可能性があることから香典では折り目を付けたものを包むのがマナーとされています。

御膳料、御車代の渡し方


渡すタイミングは特に決まりはありませんが、法要前または法要後にひと言挨拶を添えて渡します。
切手盆を用いてお渡しするのが本来正式ですが、ない場合には袱紗(ふくさ)でも構いません。
お布施と一緒に渡すことが多いですが、お布施が一番上になるようにします。
御膳料と御車代はどちらが上でも構いません。
僧侶へお渡しする際に切手盆を滑らすのはマナー違反です。
持ち上げて僧侶の前に差し出します。

~筆者のひとりごと~

自己紹介:40代男性、妻と長女の3人暮らし。涙もろくロマンチスト。

今回は僧侶へお渡しする御膳料と御車代について解説しました。

法要を執り行うにあたり、さまざまな準備が必要となります。
例えば、親族間での日程の調整や寺院への連絡、会食や返礼品などの準備など多々あります。
その中で、僧侶へお渡しするお布施や御膳料・御車代について不安に思う方も多いのではないでしょうか。
相談しようにも誰に聞いたらいいのかわからない、という声をよく聞きます。
弊社が管理している納骨堂の契約者様からも多くの質問をお受けしております。
今回の記事で少しでも参考になれば幸いです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP

 

法事のお供物におすすめの果物

法事のお供物を用意する際、何にしたらよいか迷ったことはありませんか。
法事のお供物として果物を用意する人は多いでしょう。
いざ果物を用意しようと思っても、果物の種類や金額など分からないことも多いのではないでしょうか。
今回は法事のお供物に適した果物について解説します。

法事におすすめの果物

法事にお供えする果物について特に決まりはないので、故人の好きだったものや季節の果物を用意すると良いでしょう。
また法事が終わった後に参列者で食べることも供養につながると考えられています。
参列者が持ち帰る場合もあるので、日持ちのするものや持ち帰りやすく分けやすい果物が法事のお供物に適しているといえるでしょう。

お供え物には丸いものがよいとされています。
「丸い」→「円」→「縁」として古くから日本人は丸いものを好んでいました。
例えば「りんご」「オレンジ」「グレープフルーツ」「キウイ」などがおすすめです。

季節の果物

春の果物


春の果物として「いちご」「さくらんぼ」が適しています。
小分けしやすい点やその場ですぐ食べることができるのでおすすめです。

夏の果物


夏は「桃」「すいか」が人気です。
水分を多く含んでいる為長期間のお供えには向きませんが法事の間だけなら問題ないでしょう。
法要後に参列者で食べることにより夏バテ解消や脱水症状の予防につながります。

秋の果物


「柿」「梨」など秋の季節を感じる果物が豊富です。
いろいろな種類の果物をお供え用のかご盛りや箱詰めにすることで華やかに演出することができます。

冬の果物


「みかん」「りんご」が適しています。
日持ちがする点と持ち帰りしやすい大きさなので参列者に喜ばれます。

その他

現代では温室栽培の発達により通年でほとんどの果物をスーパーなどで入手することが可能です。
法事のお供物に適している果物を紹介します。

メロン


贈答用として高級なイメージのあるメロンですが、最近では比較的安価なものも多く出回っています。
仏前にメロン1つお供えするだけでも華やかな印象があります。
法事後に参列者に切り分けて出すのもよいでしょう。

バナナ


バナナは通年入手しやすく、房状で分けやすいため供物に向いています。
基本的に変色しづらい果物ですが、夏場は黒い斑点(シュガースポット)が出やすくなり痛みが早くなることもあります。
暑いお盆の時期はお供え用の青バナナが販売されますので利用するのもよいでしょう。

ぶどう


デラウェアのように小粒なものや巨峰などのように大粒のものなど種類が豊富です。
贈答用として高級なものや安価なものなど価格帯が豊富にあるのも魅力の1つです。
法事の後に食べやすい点からも喜ばれています。

果物をお供えするときの注意点

盛り合わせの場合の果物の数

いろいろな果物が楽しめるかご入りの盛り合わせセット
「死」や「苦」を連想させる「4」や「9」は避けた方が望ましいです。
また、「割り切れる」=「縁が切れる」という考え方もあるので、法事の場では偶数を嫌う傾向があります。
3,5,7など奇数個を盛り合わせるのが良いでしょう。

果物にかけるのし紙


法事のお供え物として果物を贈るときは、のしは必要です。
果物が箱詰めの場合、水引が印刷されたのし紙をかけます。
水引の色は白黒の結び切りが一般的ですが、地域の慣習に合わせて水引の色を選びましょう。
籠盛りの場合には、リボンや短冊形ののし紙を使用します。
表書きは「御供」とします。

お供え物の果物の金額の相場

法事のお供え物として果物を贈る場合の値段について、施主側に気遣いをさせないためにもあまり高額ではない方が望ましいでしょう。
相場としては、3,000円~10,000円くらいが一般的とされています。
季節によっても価格が変動することもありますが、贈答用の果物も5,000円前後で販売されています。

お供えのしかた

お供え用の器と半紙を用意します。
果物をお供えするときは、大きめの盛器や漆の供物台、丸盆などを利用します。
器の上に半紙を敷き、その上に果物をお供えします。

果物の置き方や果物のへたの向きなどには特に決まりはありません。
短冊やかごの正面が参列者側に向くように置きます。

果物は切らずにそのままお供えしましょう。
切ってしまうと日持ちが悪くなり、水気も出てしまいます。
皮付きのままの状態でお供えするほうが良いとされています。

仏壇にお供えする場合は、中段または下段にお供えします。
お供えするスペースがない場合には、仏壇の前や横に小さな机を用意してお供えを置くようにします。
くれぐれも床に直接置くことがないようにしましょう。

~筆者のひとりごと~

自己紹介:40代男性、妻と長女の3人暮らし。涙もろくロマンチスト。

今回は法事におけるおすすめの果物について解説しました。

お供物というと和菓子を連想される方も多いかと思いますが、果物は明るく華やかなイメージがあり法事の席が和やかになる効果があります。
法要のあとにみなさんでいただくことも供養のひとつとされています。
旬のものを取り入れることでお供物から季節を感じることもできるのではないでしょうか。
定番のものから珍しいものまで種類も豊富にあるので果物を選ぶ楽しさを感じ取っていただけたらと思います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP

年齢を表す言葉、歳と才の違い

小学校で習う「才」と中学校で習う「歳」。
いずれも年齢を表す言葉として日常生活で何気なく使っていますよね。

  • 今日は息子の8才の誕生日です。
  • 母は70歳で亡くなった。 …等々

この「才」と「歳」ですが、実は意味が違うことをご存知でしょうか。
今回は日常生活のほか、墓石や位牌などで目にする「才」と「歳」について解説します。

「才」の意味

「才能」「天才」「鬼才」などの熟語として用いられる「才」には以下の意味があります。

  • 生まれつき備わっている素質。能力。
  • 年齢の「歳」の略字。

「歳」の意味

「歳末」「歳暮」「千歳飴」などの熟語として用いられる「歳」には以下の意味があります。

  • 時の単位。
  • 多くの年月。歳月
  • 年齢。人生の盛りを過ぎた年齢。
  • 穀物。稲が実ること
  • 季節。時節。

「才」と「歳」の違い

「歳」には年齢を表す意味以外にも年月や季節を表します。
作物の穂を刈り取るまでの時間の意味もあり、そこから「一年」になりました。

一方、「才」には能力やはたらきという意味があり、生まれつき備わっている能力や技術を表します。

才という言葉にはもともと年齢という意味はありませんでした。
しかし今では略字として使うことが広く認められています。
「歳」という漢字は画数が多く書くのが大変だということで「才」が代用されました。

例えば、墓石の彫刻などでは「行年75才」のように表記されることが多いです。
これは、字が細かくなることが原因で石が欠けたり割れたりしないようにするための配慮だとされています。

また、ケーキのプレートなどでも画数が多いと書くのが大変なので「8才のたんじょうびおめでとう」のように表記することが多いです。

「才」は手間を省くために略したものですので、正式な書類では「歳」を使ったほうがよいでしょう。
「才」と書くのは間違いではありませんがあくまでも略字ですので「歳」を使うほうが賢明といえるでしょう。

才と歳は成り立ちも意味も全く異なる別の漢字です。
「30歳」という表記を「30才」としても略字ですので誤りではありません。
しかし「歳のせいで老眼が…」「長い歳月を…」という言葉を「才のせいで老眼が…」「長い才月」とすることはできません。

享年と行年、数え年と満年齢の違いについて

故人の年齢を示すものとして「享年(きょうねん」や「行年(ぎょうねん)」という言葉があります。
普段の生活ではあまりなじみのない言葉かもしれませんが、墓石や墓誌、位牌などに故人の年齢を残すときに使われます。
ここでは、「享年と行年」「数え年と満年齢」という年齢を表現する言葉について解説いたします。

享年と行年

享年とは

「享」は「授かる」という意味があります。
「享年」は「天から授かった年、何年生きたか」を表します。
厳密にいうと「享年80」のように「歳」をつけないのが正しいとされています。
(80年生きた、ということを表しています。)
しかし、古くから「享年80歳」という書き方をすることもあるので必ずしも間違いとは言い切れません。

行年とは

「行」は「経る」という意味があります。
「行年」は「経てきた年、何歳まで生きたか」を表します。
娑婆(しゃば:俗世間)で行(修行)を積んだ年数という意味があります。
一般的に「行年80歳」のように「歳」をつけて表記します。
(80歳まで生きた、ということを表しています。)

数え年と満年齢

「享年は数え年」「行年は満年齢」と言われることもありますが、厳密な決まりがあるわけではありません。
従来、日本では数え年で年齢を数えていて、満年齢で年齢を表す習慣がありませんでした。
還暦や喜寿などの長寿のお祝いは数え年でお祝いするのが一般的とされています。
満年齢が広まったのは、昭和25年の「年齢のとなえ方に関する法律」の施行により政府が満年齢での表記を推奨したことによります。
以来、日常生活において満年齢を使うことが一般的となり、数え年は使用されなくなりました。
現在では満年齢が通例となっているので馴染みやすいといえるでしょう。

数え年

数え年は、生まれた年を1歳(=当歳)とします。
新年(1月1日)を迎えるごとに、2歳、3歳と数えます。

満年齢

満年齢は、生まれた日から最初の1年を0歳とします。
最初の1年が満了する(誕生日がくる)ごとに2歳、3歳と数えます。

数え年と満年齢の補正

上記のように、数え年の場合0歳という概念がないため、数え年と満年齢とではズレが生じます。
「数え年=満年齢+1」と理解されている方が多いですが、違いが生じることもあります。

  • 誕生日以前…『数え年=満年齢+2』
  • 誕生日以降…『数え年=満年齢+1』
誕生元旦誕生日元旦誕生日元旦
数え年1歳2歳3歳4歳
満年齢0歳1歳2歳

新型コロナウィルス問題と葬儀

連日、ニュースなどで新型コロナウィルスについて報道がされている中、令和2年4月7日に政府による緊急事態宣言が発令されました。

この緊急状況下において、もしも自分の家族や近しい人が新型コロナウィルスに感染して亡くなったら…、考えたくはありませんが決してありえない話ではありません。

新型コロナウィルスで亡くなった場合

新型コロナウィルス感染者のご遺体は、原則として厚生労働省の指針に沿って取り扱われます。

1.故人と面会できない

感染予防のために指定の非透過性納体袋に収容されます。
非透過性納体袋とは、巨大なジップロックのような袋を指します。
収容後、密封された後に消毒されて棺に納められます。

通常は、清拭や身繕い、綿詰めといった処置が行われますが、感染症による死亡の場合にはこれらの処置が施されることなく納体袋や棺に納められます。
したがって、故人に触れることはもちろん死に顔を見ることさえできないのです。

2.すぐに火葬を行う

通常は亡くなってから24時間以内の火葬は認められていません。
これは、故人の蘇生の可能性を考慮したためだといわれています。

ところが、指定感染症の場合は例外的に24時間以内での火葬が認められています。
ペストやSARSなど特定の伝染病の場合には感染予防目的のため、亡くなったその日のうちに火葬されることもあります。
したがって、通夜や告別式といった通常の葬儀を行うことは困難となります。

3.火葬場の受け入れ

火葬場においても異例の対応を取っていることが多いです。
感染リスクを考慮して、火葬時間を16時過ぎなどの一番遅い時間や友引の日のみしか認められていません。
火葬場内での立会いも5人までと制限されています。
遺族が遺体に触れることや花入れなどのお別れもできません。
また、立ち合う火葬場スタッフも防護服やマスクなどを着用して業務を行っています。

この時期に葬儀に参加するときの注意点

故人がコロナウィルスに感染した場合について、異例の対応をする説明を上記で行いましたが、故人が感染していない場合の葬儀でもこの緊急事態においては注意する点があります。

1.高齢者の参列は控える

不特定多数の方が参列する葬儀は、いわゆる「三密」(密閉・密集・密接)になり易い環境といえます。
持病を持っている方や体調がすぐれない方、高齢者の方はできるだけ葬儀の参列は控えたほうがよいでしょう。

2.通夜料理を出さない

特に関東圏の通夜では、大皿のビュッフェ形式で料理を用意する習慣があります。
感染予防のために通夜料理を控えた方がよいでしょう。

3.マスクを着用する

葬儀に参列する際にマスクを外さないのはマナー違反だと考える方もいます。
しかし今、社会は緊急事態の真っ只中です。
マスクをしたまま挨拶したり焼香したりしてもマナー違反とはなりません。

~筆者のひとりごと~

自己紹介:40代男性、妻と長女の3人暮らし。涙もろくロマンチスト。

今回は新型コロナウィルスと葬儀について解説しました。

先日も愛媛県で行われた葬儀でコロナウィルスの集団感染が発生したという報道がありました。
まだまだ予断を許さない状況が続いています。
私たち一人ひとりが注意を払い、一日も早く収束することを願います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP

グリーフケアとは?

「グリーフケア」という言葉を耳にした方も多いのではないでしょうか。
グリーフケアとは、大切な人との死別により喪失感によって生じる深い悲しみから立ち直るための支援のことを指します。
最近、関心の高まっているグリーフケアについてわかりやすく解説します。

グリーフケアの意味

グリーフ(Grief)は英語で「悲嘆」を意味します。
ケア(Care)の意味は「世話」です。
つまり、「グリーフケア」とは、大切な人との死別を体験して悲嘆の中にいる人に寄り添い世話をすることで、深い悲しみから立ち直らせることです。

大切な人を失うと、大きなショックや深い悲しみを感じます。
悲嘆は正常な反応であり、誰もがこの悲嘆のプロセスを歩みます。
大きな悲しみは自分ひとりだけで乗り越えようとすると時間がかかったり、あまりの辛さに乗り越えられなかったりすることもあります。
グリーフケアによって心の傷に寄り添い、再び日常生活を送れるようにサポートを行います。

日本でのグリーフケアの歴史

日本でグリーフケアの研究が始まったのは1970年代頃です。
核家族化が進み、死にどのように向き合うべきかわからない人が増えたことが理由とされています。
具体的に日本でグリーフケアが広まったきっかけは2005年の福知山脱線事故です。
さらに2011年の東日本大震災においてもグリーフケアがより広く認知されるようになりました。

悲嘆のプロセス

大切に人を失うと誰しもが深い悲しみを感じ、以下の4つの心理的プロセスを歩むことを理解することが大切です。

1.ショック期(無感覚になる)

死別のタイミングでは、茫然として無感覚の状態になります。
心が麻痺してしまうため、大切な人が亡くなったという事実を認めることができないこともあります。
また、正常な判断ができずパニック状態になることもあります。

2.喪失期(感情が不安定になる)

死を現実として受け入れ始めますが、まだ完全に受け止められない段階です。
故人に会いたいと切望したり、落ち込みや悲しみが襲ってきます。
故人がまだ生きているように思うこともあります。
この段階では、しっかり悲しみ泣くことが重要です。

3.閉じこもり期(無気力になる)

死を受け入れることはできたものの、うつ状態になり無気力になる段階です。
故人に何もしてあげられなかったという自責感や怒り、絶望など混乱した感情をもつ傾向にあります。

4.再生期(活動的になる)

故人の死を乗り越えて、積極的に社会や他人と関われるようになります。
新たな自分や生きがいを見つけていく段階となります。

ショック期から再生期までの期間は個人差はありますが、配偶者の死別の場合で1~2年、子どもの死別の場合は3~5年といわれています。

グリーフケアが必要となる症状

1.心理的症状

怒り・敵意・不安・孤独・絶望・うつ・幻覚など

2.身体的症状

睡眠障害・食欲減退・頭痛・嘔吐・疲労感・アルコールや薬の依存など

3.行動的症状

号泣・動揺・故人の行動の模倣など

4.認知的症状

集中力の低下・思考速度の低下など

上記の症状がでているにも関わらずケアせずにそのまま放置しておくと、うつ病性障害・不安障害・PTSD(心的外傷ストレス障害)などの疾患的症状になる可能性もあるので注意が必要です。

グリーフケアの考え方

グリーフケアの基本的な考え方は、悲嘆の表現として現れる感情や行動を自然なものとして共に受け止めることです。

1.悲しむことを肯定する

日本人は気持ちを表現するのが苦手だといわれています。
特に男性は体裁を気にして感情を抑え込む傾向にあります。
この悲嘆感情は人として自然で正しいものとして肯定してあげることが大事です。

悲しまないように励ましたり説得したりしても解決にはつながりません。
不用意な励ましや勇気づけは本人を苦しませることとなり、逆効果となることもあります。

2.悲嘆を表現させる

故人について会話したり故人への手紙を書いたりすることで自己表現してもらいます。
写真や遺品など故人を連想しやすいものが手元にあると感情表現がスムーズに進むでしょう。
死と向き合うことで感情を吐き出すようにサポートすることもグリーフケアのひとつです。

3.儀式の利用

通夜や葬儀といった儀式のほか、お別れ会や偲ぶ会など積極的に利用していくとよいでしょう。
また、故人との記念日や命日、誕生日など塞ぎこみがちですが、乗り越えるためにはよい機会ですのでしっかりと受け入れることが大切です。

4.アルコールや薬に依存させない

アルコールや精神安定剤には、高ぶった感情を落ち着けさせる効果があります。
しかし、多用することにより身体、精神ともに悪影響を及ぼすものであるため十分な注意が必要です。

グリーフケアを行っている人

基本的にグリーフケアは遺族の身近な人たちが行います。
深い悲しみを乗り越えるには時間がかかるため、家族や友人など周りの方のサポートが重要です。
その他、医療機関や専門家が行うこともあります。
一般的にグリーフケアを行うのは以下の人たちといわれています。

  • 家族・親族
  • 友人・知人
  • 医療関係者・宗教家・葬儀関係者
  • 精神科医・カウンセラーなどの専門家
  • 公的機関
  • 自助会・傾聴ボランティアなど

上記の従事者の中には、グリーフケアアドバイザーやグリーフケアカウンセラーなどの資格を取得している人もいます。
公的な資格ではありませんが、講座やセミナーなど各地で開催されていますので興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

まとめ

大切な人を失った悲しみは深く大きなものです。
悲しみが大きすぎて受け止められない場合、「故人のことを思い出したくない、話したくない」ということもあるでしょう。
この場合には無理矢理聞き出すことは避け、少しずつ悲しみを受け止められるようにサポートしましょう。

思い出すことが辛い時期には、思い出の品を処分したくなることがあるかもしれません。
後々後悔しないように、一時の感情で処分しないようにすすめることも大事です。

グリーフケアは大切な人の死を乗り越えるために必要なものです。
グリーフケアの基本はただ遺族の感情を認めながら話を聞いてあげること。
そばにいて不安やショックを分かち合うことで悲しみの感情を和らげてあげることができます。
グリーフケアによって遺族が前向きに人生を送れる日が訪れることでしょう。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP

葬儀の種類と費用の相場

葬儀とは、故人を偲んで成仏を祈願する儀式のことをいいます。
葬儀は、心の整理をしたり最期のお別れをする場にもなります。
故人との思い出話をしたり写真を共有するなどして、心穏やかに故人を送り出したいものです。
今回は、葬儀の種類や費用の相場についてご紹介します。

一般葬

文字通り、お通夜や葬儀、火葬といった一般的な流れで行われる葬儀のことを指します。
一般葬とは、故人と生前に付き合いのあった人との縁を大切にする葬儀の形式です。
遺族・親族だけでなく、友人や会社関係、近隣住民など幅広い人に参列してもらいます。

葬儀前日にお通夜をを行います。
お通夜では遺族と参列者が故人を偲んで食事をし別れの時間を過ごします。
通夜の翌日に宗教儀礼によって故人を偲ぶ「葬儀式」と故人に別れを告げる「告別式」が執り行われます。
告別式の後、棺を火葬場へ送る「出棺式」、火葬場到着後に「納めの式」と「骨上げ」という流れで進行していきます。

一般葬の費用の相場

地域や人数により差はありますが、一般葬の費用の相場は100万円~200万円とされています。

一般葬のメリットとデメリット

メリットとして、しきたりや慣習を重視したお別れができることと、故人と縁のあった多くの人と一度に偲ぶことができる点があげられます。
デメリットとして、遺族にとって面識のない人が参列されることもあり参列者の対応に追われることで遺族の負担が増える傾向にあります。

社葬

会社代表者が死去したときや、社員が殉職したときなどに会社が主体となって行う葬儀を指します。
社葬の規模は企業の大きさによりさまざまです。
コンパクトな社葬もあれば数千人単位での大規模な社葬もあります。
コンパクトな社葬の場合は、通常の一般葬と同様に執り行われるのが一般的です。
大型の社葬の場合には、まず遺族や親族のみで家族葬を行い、火葬後に日を改めて本葬を行うケースもあります。
この遺骨になってから行う葬儀のことを骨葬といいます。

一日葬

一日葬とは、お通夜を省略して一日で葬儀を終わらせることを指します。
一般葬に比べると簡略化した流れで行われますが、故人とのお別れの時間を取ることができます。
菩提寺がある場合には、菩提寺の許可が必要となることもあるので注意しましょう。

一日葬の費用の相場

一般葬と比べて、お通夜の飲食代金が削減されますが他は大差ありません。
目安としては100万円前後とされています。

一日葬のメリットとデメリット

メリットとしては、一日で葬儀が終わるため時間的な負担が少ないことがあげられます。
また、通夜料理の費用や親族の宿泊費用が削減できるという経済的なメリットもあります。
デメリットとしては、菩提寺の許可が必要で、寺院によっては一日葬を認めないこともあるので注意が必要です。

家族葬(密葬)

家族や親しい親族だけで故人を送る葬儀の形です。
職場関係や近隣住民などは呼ばずに10人~20人程度の小規模の参列者で葬儀を行います。
参列者に気遣うことなく、故人との最後のお別れの時間をゆっくりと取ることができるため近年では増加傾向にあります。

家族葬の費用の相場

100万円前後が目安となります。

家族葬のメリットとデメリット

一般葬と違い、家族や親しい親族のみの参列となるので参列者の対応に追われることがない、というのが家族葬の良いところといえます。
また、故人とのお別れをゆっくりすることができ、あたたかい葬儀を執り行うことができるのも家族葬のメリットです。
参列者を呼ぶ基準が明確でないため、葬儀後に「どうして呼んでくれなかったの」と呼ばなかった人とのトラブルが生じる可能性があります。
トラブルを避けるためにも、故人の希望により家族だけで葬儀を行ったことをしっかり伝えましょう。

直葬

お通夜や葬儀・告別式を行わずに火葬だけで終える葬儀を指します。
火葬炉の前で遺族が集まり、10分程度で最後のお別れを行った後に火葬します。
僧侶に依頼していれば香炉前で読経してもらうことも可能です。

直葬の費用の相場

30万円前後が費用の相場となります。

直葬のメリットとデメリット

葬儀費用が抑えられることができるため、直葬を選択する方が増えています。
また、親類が少なかったり身寄りがいない場合にも直葬が行われることが多いです。
葬儀の大半を省略するため、偲ぶ時間やお別れの時間が短くなりやすいというデメリットがあります。
菩提寺がある場合には事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

~筆者のひとりごと~

自己紹介:40代男性、妻と長女の3人暮らし。涙もろくロマンチスト。

今回は葬儀の種類と相場について解説しました。

少子高齢化や核家族化という社会背景もあり、家族葬や直葬などコンパクトな葬儀が増加傾向にあります。
故人の遺志を尊重したり、ゆっくりお別れをする時間を設けたり、費用をできるだけ抑えたかったりそれぞれ事情があることかと思います。
葬儀の形もそれぞれありますが、遺族にとって悔いの残らないように事前に考えておくことが大事だと思います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP

ゼロ葬って何?

ゼロ葬(0葬)という言葉を聞いたことはありますか?
ゼロ葬とは、火葬した後に遺骨を受け取らずにそのまま立ち去ることをいいます。
究極にシンプルな葬送方法といえるでしょう。

ゼロ葬とは

葬儀をしない、遺骨の引取りをしない、埋葬をしない、お墓や仏壇を作らないということで手元に残るのは遺影のみという葬送方法です。
以前は、通夜や告別式を行わない直葬が最もシンプルな葬儀とされていました。
さらに一歩進んで、遺骨を受け取らないゼロ葬は5年ほど前に生まれた新しい葬送です。

ゼロ葬を選ぶ理由

少子高齢化や核家族化という社会背景があります。
孤独死などにより遠い親戚を引き取ることになった場合や、離婚したにも関わらず元配偶者を引き取らざるを得ない場合にゼロ葬を選ぶことが多いようです。
また、家族がいる場合でも負担をかけたくないという理由でゼロ葬を選択するケースも少なくありません。

地域によって違いがあります

東日本

東日本の火葬場では、火葬した後にすべての遺骨を骨壷に納める「全収骨」を行っているため、遺骨が残されることへの反発が強いです。
したがってゼロ葬を拒否する火葬場が多くなっています。

西日本

一方、西日本では、遺骨全体の3分の1程度を骨壷に納める「部分収骨」が主流です。
残った遺骨は火葬場にて供養しているため、ゼロ葬を受け入れやすい土壌となっています。

自治体による違い

自治体によって条例が異なるため、ゼロ葬が必ずしも受け入れられるとは限りません。
火葬後の遺骨は遺族が引き取らなければならない、と条例で決められている場合には火葬場に遺骨を残しておくことはできません。
条例でゼロ葬を拒絶されている場合は遺骨を受け取らなければなりません。
その後、「送骨」(郵便で遺骨を送り合同のお墓に埋葬してもらう方法)という選択肢もあります。

ゼロ葬のメリット

遺族の経済的な負担を軽減できる

葬儀や葬儀後の納骨など法事を行うにあたり少なからず費用が発生します。
ゼロ葬は葬儀を執り行わず、遺骨を火葬場に委ねる葬送ですので費用を大幅に軽減できる点はメリットといえるでしょう。

精神的な負担を軽減できる

親族間が疎遠だったり不仲な場合には、ゼロ葬を行うことで余計な気苦労をせずに済む場合もあります。

ゼロ葬のデメリット

ゼロ葬の場合、遺骨は火葬場で処分されます。
合祀供養となるため、他人の遺骨と混ざってしまうので後から取り出すことができなくなります。

葬儀を行わず、お墓もないことにより心の拠り所がないため親族の喪失感が大きくなります。
遺族が心の区切りを付けられず、いつまでも悔やんだり悩んだりする等、喪失の悲しみから立ち直ることが難しくなる可能性があります。

ゼロ葬の今後

ゼロ葬は、今までの葬送と比較するとシンプル葬であることからテレビ・雑誌などのメディアで取り上げられています。
しかし、ゼロ葬が提起されてまだ5年程度しか経っていないことや火葬場で拒否されることが多いため、実際にゼロ葬を執り行った方は少数ではないでしょうか。
遺骨を火葬場に預けるということに抵抗感がある方も多く、ゼロ葬が世間一般に受け入れられるにはまだ少しハードルが高いかもしれません。
現在ではまだ少数派ですが、ゼロ葬は選択肢のひとつとして認められるべきものであり徐々に増えていくかもしれません。

~筆者のひとりごと~

自己紹介:40代男性、妻と長女の3人暮らし。涙もろくロマンチスト。

今回はゼロ葬について解説しました。

ゼロ葬の経済的なメリットは大きいものの、遺された親族の喪失感などデメリットはかなり大きなものといえるでしょう。
まだ認知度が低いため、後々親族間でトラブルになる可能性もあります。
ゼロ葬を希望する場合は家族・親族とよく相談した上で決めることが大事ではないでしょうか。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP