忌中と喪中について

身内に不幸があったときに、「喪中」や「忌中」という言葉を使います。
「喪中」や「忌中」という言葉、耳にしたことはあるけれど本来の意味やその違いについてよく知らない、という方も多いのではないでしょうか。

忌中(きちゅう)とは

忌中とは、遺族が故人の冥福を祈って喪に服す期間のことをさします。

親戚などの近親者が亡くなった場合、親族が身を慎む忌中は神道の考え方に基づくものとされています。
古来の神道においては、死=穢れ(けがれ)とされていて死を不浄なものとして忌むという考え方があります。

  • 神様の領域に穢れ(死)をもちこまない
  • 故人を偲び社会的な生活を慎む

このように忌中には2つの意味があります。

忌中の期間

宗教や仏教の宗派によって期間は異なります。

  • 仏式では四十九日法要まで
  • 神式では五十日祭まで
  • キリスト教では五十日祭または召天記念日まで

四十九日法要を「忌明け法要」、香典返しや満中陰志を「忌明け返し」とよぶこともあります。

喪中(もちゅう)とは

死の穢れから避ける忌中とは異なり、喪中は故人を偲び追悼するための期間です。
忌中が神道に基づいた考え方に対して、喪中は儒教の教えに基づいています。

喪中の期間

宗教を問わず、喪中の期間は故人が無くなってから1年間というのが一般的です。
一周忌法要や一年祭までを喪中とするのが慣習となっています。

忌中、喪中の期間に避けたほうがよいこと

忌中や喪中の期間中は慶事や祭典は避けた方がよいとされています。

神社への参拝

神道は死を避ける立場にあることから、喪中の人の神社へのお詣りはタブーとされています。
しかし、すべての神社が喪中の方をお断りしているわけではありません。
神社の事務所に問い合わせてみるのもよいでしょう。

年賀状

新年の慶びを伝える年賀状を送るのは控えたほうがよいでしょう。
喪中に正月を迎える場合は、旧年中に喪中ハガキを出し新年の挨拶を控える旨を伝えるのが一般的です。
喪中ハガキを受け取った場合には年賀状を送らずに、松の内(1月7日)を過ぎてから寒中見舞いを出すのがマナーです。

また、門松やしめ縄などの正月飾りは神道の考え方に基づいた慣習ですので避けたほうが望ましいです。

喪中の結婚や入籍

自分の結婚式や入籍の予定があった場合、可能であれば喪が明けた後に行うのがよいとされています。
お互いの親族とよく話し合いましょう。

その他、家の新築や改築なども喪が明けた後に行うのがよいでしょう。

お祝い事への出席

結婚式などの慶事に招待されている場合は、先方に事情を説明して謝罪した上で参加を控えるほうがよいとされています。
喪が明けた後にお祝いの言葉やお祝い金などを贈ります。

形見分け

形見分けは四十九日法要が終わった後(忌明け後)に行います。

~筆者のひとりごと~

自己紹介:40代男性、妻と長女の3人暮らし。涙もろくロマンチスト。

今回は「忌中と喪中」をテーマに記事をまとめました。

忌中や喪中の期間中、従来は慶事や社会的活動などを控えるのが一般的でしたが、最近では忌中・喪中の過ごし方にも変化がでてきています。
故人が生前楽しみにしていたお祝い事などは、「故人も喜んでくれる」「故人も許してくれる」として実施することもあるでしょう。
亡くなった後だからこそ、遺族が明るく過ごすというのも大事なことだと思います。
大切なのは故人を偲ぶ気持ちではないでしょうか。
周りの遺族への相談を欠かさずに行い、慣習やマナーを守って過ごしたいものですね。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。