箸のマナー違反あれこれ

古くから日本人は箸を使用して食事を行い、日本独自の箸文化を築きあげてきました。
毎日のように使用している箸ですが、意外と知られていないマナーについてご紹介していきます。
あなたも小さい頃、箸の持ち方など両親からしつけを受けた経験があるかと思いますが、食事における箸のマナー違反についてまとめてみました。

嫌い箸

嫌い箸とは、忌み箸、禁じ箸ともいわれ、和食文化においてマナー違反とされている箸の使い方のことです。
マナーをしっかり覚えておくことで、心にゆとりが生まれて楽しく食事ができるのではないでしょうか。

箸渡し(合わせ箸、拾い箸)

箸渡しとは、箸から箸へ食べ物を渡すことです。

葬儀でお骨を拾うときに行う行為だからという理由があります。
火葬した後、お骨を箸を使って2人1組で挟み持ち骨壷へ納めます。
その様子と似ていることから、食事の席で箸渡しを行うのはマナー違反とされています。

たて箸(仏箸)

たて箸とは、ご飯に箸を突き立てることです。

葬儀の時に、仏様に供える枕御飯のときのみ許されているためです。
たて箸は仏事を連想されるため縁起が悪いとされています。

渡し箸

食事の途中で、箸を食器の上に渡し置くことを指します。

これは、「ごちそうさま」という意味になります。
また、「三途の川を渡す」という意味もあり縁起が悪いとされています。
ラーメンや丼ものなどで見かけることが多いですが、実はマナー違反です。
箸を休ませるときは、箸置きを利用しましょう。
箸置きが無い場合は箸袋を代用するとスマートです。

拝み箸

両手で箸をはさみ、拝むようにすることを指します。

「いただきます」「ごちそうさま」のときによく見かける行為で一見丁寧に見えますが、箸先が横の人に向いてしまいます。
正しい合掌は何も持たずに手を合わせる所作ですので気を付けましょう。

違い箸(竹木箸)

材質や種類の違う箸を組み合わせて使う行為です。

火葬後のお骨を拾うときには違う箸を一対として使用することから仏事を連想させるためタブーとされています。

箸渡し、たて箸等のように仏事に箸が用いられる理由として、「箸」と「橋」が通じているので亡き人をこの世からあの世へ橋渡しをする、という意味があります。

叩き箸(突き箸)

箸で食器やテーブルを叩いて音を出すことです。

古くから「茶碗を叩くと餓鬼が来る」という言い伝えがあり悪霊を招く行為とされています。

刺し箸

刺し箸とは、料理をお箸で刺して食べることです。

見た目が悪いだけでなく、煮物などを刺して火が通っているかを確認しているように見えることから、料理を作ってくれた方に失礼となるためマナー違反となります。

逆さ箸

鍋料理や大皿料理を取り分けるときに、箸を上下逆さにして使うことです。

取り箸を使うのがマナーです。
自分の手が触れた場所で料理をつかむことになりエチケット違反となります。
また、箸の上部が汚れてしまい見栄えが悪くなります。

直箸(大皿料理を自分の箸で取る行為)もマナー違反となります。
大皿料理を取り分ける際は、取り箸を使いましょう。
取り箸がないときは、お店の人にお願いするのがスマートです。

ねぶり箸(舐り箸)

ねぶり箸とは、箸に付いた食べ物を口で舐めることをいいます。

似たマナー違反として、「もぎ箸」「噛み箸」「横箸」などがあります。
もぎ箸とは、箸に付いた米粒などを口でもぎ取る行為です。
噛み箸とは、箸を噛む行為です。
横箸とは、箸を2本揃えてスプーンのように料理をすくいあげて箸を舐める行為です。

見た目が悪く食事を一緒にしている相手を不快にさせる為マナー違反となります。

迷い箸(惑い箸、なまじ箸)

迷い箸とは、どの料理を口にするか迷い、料理の上であちこちに箸を動かす行為です。

もしも箸先に食べ物の欠片が付いていてお皿に落ちてしまったら周りの方が不快な思いをしてしまいます。

握り箸

2本の箸を鷲づかみにして一緒ににぎりもつことを指します。

箸を使い慣れていない幼児にこそ多くみられる稚拙な使い方ですので大人が行うと違和感を感じます。
また、握り箸は刺すように見えることから、食事相手を攻撃する意味にもなります。

同じように「指し箸」(箸で人を指す行為)もタブーです。
箸だけでなく指で人を指してはいけません。

空箸

空箸とは、料理に一度箸をつけたにもかかわらず、その料理を口にせず箸を置く行為です。

料理を提供した方に対して失礼な振舞いとなります。

涙箸

涙箸とは、箸先から汁物などの汁をポタポタと落とすことを指します。

テーブルや洋服が汚れてしまいます。
こぼさないように左手を添える手皿もマナー違反です。
小皿を使用しましょう。

こすり箸

箸のささくれなどをこすって落とす行為です。

割り箸を割った際によく見かけますがマナー違反となります。

探り箸

汁椀の底に具が残っていないかと、箸を椀の中でかき回して探す行為です。

似たものとして、「撥ね箸」(嫌いなものを箸でのける行為)や「こじ箸」(器に盛られた料理を上から食べずにかき回し、好みのものだけを探り出すこと)もマナー違反です。

掻き箸

食器に口を当てて料理を箸で掻きこみながら食べる行為は見た目が美しくありません。マナー違反です。

~筆者のひとりごと~

自己紹介:40代男性、妻と長女の3人暮らし。涙もろくロマンチスト。

今回は「箸のマナー」をテーマに記事をまとめました。
箸のマナー違反は数多くありますが、その中でも代表的なものをまとめてみました。
意外と知らなかったマナーもあったのではないでしょうか。
例えば、お茶漬けや卵かけご飯のときは、掻きこみながら食べる方が多いと思いますが厳密にいうと「掻き箸」というマナー違反に該当してしまいます。
TPOをわきまえて食することが大事だと思います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。