葬儀の種類と費用の相場

葬儀とは、故人を偲んで成仏を祈願する儀式のことをいいます。
葬儀は、心の整理をしたり最期のお別れをする場にもなります。
故人との思い出話をしたり写真を共有するなどして、心穏やかに故人を送り出したいものです。
今回は、葬儀の種類や費用の相場についてご紹介します。

一般葬

文字通り、お通夜や葬儀、火葬といった一般的な流れで行われる葬儀のことを指します。
一般葬とは、故人と生前に付き合いのあった人との縁を大切にする葬儀の形式です。
遺族・親族だけでなく、友人や会社関係、近隣住民など幅広い人に参列してもらいます。

葬儀前日にお通夜をを行います。
お通夜では遺族と参列者が故人を偲んで食事をし別れの時間を過ごします。
通夜の翌日に宗教儀礼によって故人を偲ぶ「葬儀式」と故人に別れを告げる「告別式」が執り行われます。
告別式の後、棺を火葬場へ送る「出棺式」、火葬場到着後に「納めの式」と「骨上げ」という流れで進行していきます。

一般葬の費用の相場

地域や人数により差はありますが、一般葬の費用の相場は100万円~200万円とされています。

一般葬のメリットとデメリット

メリットとして、しきたりや慣習を重視したお別れができることと、故人と縁のあった多くの人と一度に偲ぶことができる点があげられます。
デメリットとして、遺族にとって面識のない人が参列されることもあり参列者の対応に追われることで遺族の負担が増える傾向にあります。

社葬

会社代表者が死去したときや、社員が殉職したときなどに会社が主体となって行う葬儀を指します。
社葬の規模は企業の大きさによりさまざまです。
コンパクトな社葬もあれば数千人単位での大規模な社葬もあります。
コンパクトな社葬の場合は、通常の一般葬と同様に執り行われるのが一般的です。
大型の社葬の場合には、まず遺族や親族のみで家族葬を行い、火葬後に日を改めて本葬を行うケースもあります。
この遺骨になってから行う葬儀のことを骨葬といいます。

一日葬

一日葬とは、お通夜を省略して一日で葬儀を終わらせることを指します。
一般葬に比べると簡略化した流れで行われますが、故人とのお別れの時間を取ることができます。
菩提寺がある場合には、菩提寺の許可が必要となることもあるので注意しましょう。

一日葬の費用の相場

一般葬と比べて、お通夜の飲食代金が削減されますが他は大差ありません。
目安としては100万円前後とされています。

一日葬のメリットとデメリット

メリットとしては、一日で葬儀が終わるため時間的な負担が少ないことがあげられます。
また、通夜料理の費用や親族の宿泊費用が削減できるという経済的なメリットもあります。
デメリットとしては、菩提寺の許可が必要で、寺院によっては一日葬を認めないこともあるので注意が必要です。

家族葬(密葬)

家族や親しい親族だけで故人を送る葬儀の形です。
職場関係や近隣住民などは呼ばずに10人~20人程度の小規模の参列者で葬儀を行います。
参列者に気遣うことなく、故人との最後のお別れの時間をゆっくりと取ることができるため近年では増加傾向にあります。

家族葬の費用の相場

100万円前後が目安となります。

家族葬のメリットとデメリット

一般葬と違い、家族や親しい親族のみの参列となるので参列者の対応に追われることがない、というのが家族葬の良いところといえます。
また、故人とのお別れをゆっくりすることができ、あたたかい葬儀を執り行うことができるのも家族葬のメリットです。
参列者を呼ぶ基準が明確でないため、葬儀後に「どうして呼んでくれなかったの」と呼ばなかった人とのトラブルが生じる可能性があります。
トラブルを避けるためにも、故人の希望により家族だけで葬儀を行ったことをしっかり伝えましょう。

直葬

お通夜や葬儀・告別式を行わずに火葬だけで終える葬儀を指します。
火葬炉の前で遺族が集まり、10分程度で最後のお別れを行った後に火葬します。
僧侶に依頼していれば香炉前で読経してもらうことも可能です。

直葬の費用の相場

30万円前後が費用の相場となります。

直葬のメリットとデメリット

葬儀費用が抑えられることができるため、直葬を選択する方が増えています。
また、親類が少なかったり身寄りがいない場合にも直葬が行われることが多いです。
葬儀の大半を省略するため、偲ぶ時間やお別れの時間が短くなりやすいというデメリットがあります。
菩提寺がある場合には事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

~筆者のひとりごと~

自己紹介:40代男性、妻と長女の3人暮らし。涙もろくロマンチスト。

今回は葬儀の種類と相場について解説しました。

少子高齢化や核家族化という社会背景もあり、家族葬や直葬などコンパクトな葬儀が増加傾向にあります。
故人の遺志を尊重したり、ゆっくりお別れをする時間を設けたり、費用をできるだけ抑えたかったりそれぞれ事情があることかと思います。
葬儀の形もそれぞれありますが、遺族にとって悔いの残らないように事前に考えておくことが大事だと思います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP

One Reply to “葬儀の種類と費用の相場”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。