御膳料と御車代

四十九日法要や一周忌法要などの法要の際に、読経していただいた謝礼として僧侶へお布施をお渡しすることはよく知られています。

お布施について詳しくはこちら

お布施の他に用意するものとして、「御膳料」や「御車代」などがあります。

御膳料とは


「御膳料」とは、御膳(食事)の代わりとして僧侶へお渡しするものです。

一般的に四十九日や一周忌、三回忌などの法要の後に、お斎(おとき)とよばれる会食が行われます。
会食を行わない場合や僧侶が会食を辞退したときに謝礼として御膳料をお包みします。
僧侶が会食に参加した場合や弁当などをお渡ししたときには、御膳料を用意しなくても構わないとされています。

御膳料の相場

御膳料は、5,000円または10,000円が相場とされています。
お布施とは別々の封筒に入れたほうがよいでしょう。

御車代とは

「御車代」とは、読経のために出向いてくれた僧侶の交通費です。
お寺で法事を行う場合には御車代は不要です。
お寺以外の場所(自宅や式場など)に来ていただいたときに御車代をお包みします。

御車代の相場

御車代は、5,000円または10,000円が相場とされています。
ただし、飛行機や新幹線などを利用して遠方から来ていただくときは、多めに包んだほうがよいでしょう。
御車代には僧侶への心づけという意味合いもあるので、寺院からの距離にかかわらず最低限の心づけとして5,000円を用意するのが望ましいです。
お布施や御膳料とは別々の封筒でお包みするのが基本となります。

御膳料、御車代の書き方

「御膳料」「御車代」と印字されているものや短冊が一緒に同封されているものなどが文具店やコンビニなどで販売されています。
もちろん白無地の封筒でもOKですが注意点があります。

  • 郵便番号が印字されていないもの
  • 二重封筒でないもの

弔事において二重は「不幸が重なる」と縁起が悪いとされています。

使用する筆記具は筆がベストですが、最近では筆ペンで書くのが一般的です。
薄墨ではなく通常の濃墨で構いません。
薄墨には「悲しさのあまり涙で墨が薄まった」という意味があるので遺族に渡す香典の場合は薄い墨を使用します。
御膳料、御車代は僧侶へお渡しするものなので通常の濃い墨のほうがよいのです。

表面

表の中央の上半分に「御膳料」または「御車代」と書きます。
表の下側に「施主名」または「○○家」と書きます。

裏面

裏面の左下に住所と金額を書きます。
住所が右、金額が左になるように書きます。
金額の記入は、アラビア数字(1.2.3…)ではなく漢数字や大字を用います。
数字の改ざんを防ぐ意味で「金壱萬円」「金伍阡圓」のように記入します。

御膳料、御車代のお金の入れ方

お札の肖像画が描かれた方が表です。
お札の表と袋の表が同じ向きになるように入れます。
僧侶にお渡しする御膳料や御車代は新札のほうが好ましいです。

香典の場合と逆になるので注意しましょう。
香典はお悔みなので「顔を伏せる」という意味からお札の裏と袋の表が同じ向きになるように入れます。
新札だと「不幸を予想して新札を用意していた」と思われる可能性があることから香典では折り目を付けたものを包むのがマナーとされています。

御膳料、御車代の渡し方


渡すタイミングは特に決まりはありませんが、法要前または法要後にひと言挨拶を添えて渡します。
切手盆を用いてお渡しするのが本来正式ですが、ない場合には袱紗(ふくさ)でも構いません。
お布施と一緒に渡すことが多いですが、お布施が一番上になるようにします。
御膳料と御車代はどちらが上でも構いません。
僧侶へお渡しする際に切手盆を滑らすのはマナー違反です。
持ち上げて僧侶の前に差し出します。

~筆者のひとりごと~

自己紹介:40代男性、妻と長女の3人暮らし。涙もろくロマンチスト。

今回は僧侶へお渡しする御膳料と御車代について解説しました。

法要を執り行うにあたり、さまざまな準備が必要となります。
例えば、親族間での日程の調整や寺院への連絡、会食や返礼品などの準備など多々あります。
その中で、僧侶へお渡しするお布施や御膳料・御車代について不安に思う方も多いのではないでしょうか。
相談しようにも誰に聞いたらいいのかわからない、という声をよく聞きます。
弊社が管理している納骨堂の契約者様からも多くの質問をお受けしております。
今回の記事で少しでも参考になれば幸いです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。