仏壇とは?

日本人にとってなじみ深い仏壇ですが、意外と古い歴史があります。
最古の仏壇は飛鳥時代にできたといわれており、現在では国宝として法隆寺に保管されています。

仏壇には二つの意味があります

江戸時代に入ると仏壇は各家庭に広く普及したと伝えられています。

仏壇には、「家の中の小さなお寺」と「ご先祖様の家」という二つの意味があります。

仏壇の最上段は「須弥壇(しゅみだん)」とよばれ、ご本尊を祀るための場所となっています。
その下に位置する位牌壇にご先祖様のお位牌を祀るようにできています。

家庭で礼拝できる仏壇は「家の中の寺院」と考えられてきました。
また、仏壇にご先祖様の位牌を祀ることで亡き人が見守ってくれていると考えることも仏壇の大切な役割りといえます。

仏壇の役割り

先祖供養の場


毎朝、仏壇に手を合わせてご本尊とご先祖様に礼拝して読経するのが昔は一般的でした。
(現在では少なくなっているかもしれませんが…)
以前は当たり前だった文化や風習が変化したものも少なくありません。
しかしご先祖を大切にして感謝を伝えるという文化を未来へつなげることは非常に大切なことではないでしょうか。
家に仏壇があることでご先祖様へのお参りが容易にできるようになります。

亡くなった家族と対話の場

家庭の中の仏壇に位牌を祀ることで亡き人と会話ができる、という考え方もあります。
嬉しいことや悲しいことがあったときに仏壇に話しかけ報告することで落ち着いた心になることもあるでしょう。
仏壇を通して亡くなった大切な家族が見守ってくれている、と考えることは精神的に落ち込んだ時でも前向きな気持ちになることができます。

心のよりどころの場

日本人の心のよりどころとして、どこの家庭にもあったものです。
例えば、食事などはまず仏壇にお供えするのが当たり前でした。
仏壇は家族にとって日常生活の中に溶け込みとても大切なものでした。

仏様に心を寄せることで安らぎを与えてくれます。
大切な家族を失ったときの悲しみはとても大きなものです。
仏壇に手を合わせることで、この苦しい悲しみに耐え、生きる勇気を与えてもらうことができることもあるでしょう。

仏壇の種類


仏壇には大きく2種類、「金仏壇」「唐木仏壇」があります。
それぞれの宗旨宗派や住環境にあわせて仏壇を選んでみてはいかがでしょうか。

最近では、マンションなど仏間(和室)がない家庭も増えてきています。
このような需要に対応した、ミニ仏壇やモダン仏壇などの都市型仏壇も多くあります。
リビングやダイニングなどにも設置できる新たなスタイルの仏壇も誕生しました。

現代では、仏壇がないという家庭も多くあります。
おじいちゃんやおばあちゃんの家でしか見たことがない、という方もいるでしょう。
仏壇が必要か不要かどうかの判断はあなた自身の想いひとつだと思います。
残された家族にとって、心のよりどころや見守ってくれているという想いの実現が仏壇にはあると思います。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP