お彼岸って何?

お彼岸は春と秋との2回あります。
春分の日、秋分の日をお中日として前後3日間を合わせた7日間がお彼岸です。
7日間の最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」とよびます。

お彼岸は日本独自のもの


国民の祝日に関する法律では、
春分の日は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」、
秋分の日は、「祖先をうやまい、亡くなった人々を偲ぶ日」とされています。
お彼岸は仏教行事のひとつですが、中国やインドにはありません。
農耕文化の日本では、昼夜の時間が同じで、太陽が真東から昇り真西に沈むこの時期に自然の恵みへの感謝をささげる風習があり、仏教の教えと結びついたと考えられています。

お彼岸の意味とは

「彼岸」という言葉の語源はインドで使われている言葉のひとつ、サンスクリット語の「パーラミター」(波羅密多)の漢訳語「到彼岸」からきています。

煩悩と迷いの世界であるこの世「此岸」(しがん)から悟りの世界であるあの世「彼岸」(ひがん)へ到達するために「六波羅蜜」の修行を行います。
(「六波羅密」とは、布施(親切)・持戒(言行一致)・忍辱(忍耐)・精進(努力)・禅定(反省)・智慧(修善)の六つの実践徳目のことです。)

六波羅密について詳しくはこちら

つまり、お彼岸という言葉には、煩悩に打ち勝ち、悟りの境地に達することができるように仏道の修行を積む期間という意味合いもあるのです。

浄土思想において、極楽浄土ははるか西にあると考えられていることから、太陽が真東から昇り真西に沈むという春分の日や秋分の日は特別な日となりました。
春分の日や秋分の日は、此岸と彼岸がほぼ一直線であるため、この世とあの世が最も近くなる日だと考えられています。

この時期にご先祖さまの供養を行えば、ご先祖さまだけでなく自分自身も極楽浄土へ到達することができるという考え方が生まれ、お彼岸のお墓参りが定着することになりました。

お彼岸には何をすればよいの?

1.お墓参り

家族そろってお墓参りに行きましょう。
特に子どもと一緒にお墓参りに行くことで、ご先祖さまを敬うとともに、まわりの人を大切にする気持ちを育てることにもつながります。
墓石をきれいに洗い、お墓の周囲も掃除してお花や線香を供えます。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉もあります。
暑さや寒さも和らいで過ごしやすいこの季節に家族そろってお墓参りに行くのも良いですね。

お墓参りのマナーについて詳しくはこちら

2.お寺参り


お寺によっては彼岸会法要が行われます。
法要に参加することは、伝統的な仏教文化に触れるまたとない機会です。
仏教を聞くことで迷いの根元を断ち切ることができるかもしれません。

3.仏壇の清掃

仏壇の掃除とともに、仏具などもきれいにしましょう。
新しいお花やおはぎ(ぼたもち)、彼岸団子、季節の果物などをお供えすることも良いことです。

また、他家に訪問するときはお供え物とあわせてお線香を届けると喜ばれます。
「お香典」とは、お香を贈ることに由来したものなのです。

お彼岸の代表的なお供物~おはぎ・ぼたもち

  • 春のお彼岸:ぼたもち(つぶあん)やや大きめ
  • 秋のお彼岸:おはぎ(こしあん)やや小さめ

ぼたもちは牡丹が咲く春のお供え物、おはぎは萩が咲く秋のお供え物ですが、区別は薄れてきていて食べる時期によって名前が異なるだけなのです。
四季の移り変わりに敏感な日本人独特の豊かな心の表れといえるのではないでしょうか。
また、あずきの赤色には、災難から身を守る厄除けの効果があると考えられていました。

彼岸花(ひがんばな)


秋の彼岸の時期になると、田んぼや畑に咲き乱れる彼岸花、別名曼珠沙華(まんじゅしゃげ)。
子どもの頃に、「触ってはいけない」「持って帰っちゃだめ」と言われた方もいるのではないでしょうか。
彼岸花の球根には毒性があるためだといわれています。
しかし、毒はあるものの非常時には薬としての役割を果たすことができます。
また、彼岸花のもつ毒性により、ミミズやミミズを餌とするモグラも近寄らないとして稲作の伝来とともに日本各地に広がった歴史的経緯があります。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP

12 Replies to “お彼岸って何?”

  1. Hmm it appears like your site ate my first comment (it was extremely long) so I guess I’ll just sum it up what I
    submitted and say, I’m thoroughly enjoying your blog. I as well am an aspiring
    blog writer but I’m still new to everything.
    Do you have any recommendations for inexperienced blog writers?
    I’d definitely appreciate it.

  2. I’m really enjoying the design and layout of your blog.
    It’s a very easy on the eyes which makes it much more pleasant for me to
    come here and visit more often. Did you hire out a designer to create your theme?
    Superb work!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。