寿陵とは?

寿陵とは生前に建てるお墓のことをいい、生前墓ともよばれます。
寿という文字が入っていることから、おめでたいイメージがあります。
生前にお墓を用意することは、仏教において非常に徳の高いこととされ幸福を招くと考えられています。
古くは秦の始皇帝、日本では聖徳太子や昭和天皇も寿陵を選びました。
「長寿」「子孫繁栄」「家庭円満」などとても縁起が良いこととされています。

寿陵のメリット

自分の好きな場所にお墓を建てることができる

元気なうちにお墓を建てるため、自分の好きな墓地を選ぶことができます。
墓石も好きなデザインや色など選ぶことができるのもメリットのひとつとなります。

以前はお墓の話題はタブーとされ、家族が亡くなった後にお墓を検討することが一般的でした。
しかし最近では、終活の一環として自分好みのお墓を建てたいというニーズもあり寿陵を選ぶ方が増えています。

残された家族の負担が軽くなる

家族が亡くなると、遺族は「どこにお墓を建てたらいいか」「費用はどうしよう」とお墓の悩みを抱えるケースが多いものです。
寿陵としてお墓を用意しておけば、自分が亡くなった時に残された家族はお墓の悩みを抱えることなく納骨することが可能となります。

相続税対策になる

お墓や仏壇などは祭祀財産とされ、相続税の課税対象外となります。
したがって、生前にお墓を用意することで課税の対象から外れます。
跡継ぎに負担をかけたくないと思っている場合、寿陵は金銭面においてもメリットがあるのです。

寿陵の注意点

寿陵の場合、自分が納得するお墓を時間をかけて選ぶことができますが、いくつかの注意点があります。

墓地選び

自分の好きな場所にお墓を建てることができますが、お墓参りの利便性を考えて立地を決める必要があります。
家族が生活する場所からのアクセスが悪いとお墓参りが負担となってしまいます。
お墓参りがしやすい場所、日当たりが良いこと、お手入れしやすいことなども考えながら墓地探しを行いましょう。

墓石選び

自分ひとりだけのお墓であれば奇抜なデザインのものでもかまわないでしょう。
しかし、夫婦や子どもたちにも入ってもらいたいと考えている場合は家族が納得のいくデザインを選びましょう。
お墓に彫刻する文字と家紋の大きさや位置を選ぶことも重要なポイントです。
従来は「〇〇家之墓」が一般的でしたが、「愛」「縁」など漢字一文字のものや「ありがとう」「やすらぎ」などひらがなのものなど書体選びも多様化しています。
石材店と相談しながら打合せすることも寿陵の醍醐味といえます。

公営墓地

市区町村が管理運営している公営墓地・霊園の場合には、寿陵が可能かどうかを確認する必要があります。
遺骨を持っていることを募集条件としているときは寿陵はできません。
すでにご先祖さまの遺骨があり、お墓の引越しを兼ねての寿陵であれば応募することができます。

寿陵建立の流れ

寿陵を建てるときの流れを具体的に説明します

1.墓地探し

墓地の情報を集め、希望とあうところへ見学に行きます。
石材店や霊園管理事務所などに相談するのも良いでしょう。
見積額を提示してもらい、予算と照らし合わせます。

2.墓地契約

墓地が決定したら契約します。
契約書はしっかり確認して、不明な点は契約前に解消しておきましょう。
墓地代金(永代使用料)だけでなく、年間管理費などにも注意して契約します。

3.墓石のデザイン決定

石材店に相談して、墓石に使う石の種類や形などを検討します。
彫刻する文字や飾りなどについても打ち合わせを行います。

4.工事開始

最終的な価格が決定して納期が決まるとお墓の施工が始まります。
生前に建てる寿陵の場合、納期はゆっくりで良いと考える方が大半ですが、納期の希望があるときには石材店と相談しましょう。

5.完成

新しいお墓には白い布が巻かれます。
生前の場合にはお名前は朱色で刻まれ、没後に白色に塗り替えられます。
注文通りに仕上がっているかどうかを石材店立会いのもと確認します。

6.建立式

お墓を新しく建てた後建立式を行うのが一般的です。
新しいお墓に魂を入れる儀式ですので「開眼供養」ともよばれます。
建立式の一般的な流れは以下の通りです。

  1. 僧侶による読経
  2. 白い布を取る
  3. 焼香
  4. 会食

~筆者のひとりごと~

自己紹介:40代男性、妻と長女の3人暮らし。涙もろくロマンチスト。

今回は寿陵について解説しました。

弊社が管理している納骨堂においても、生きているうちに自分の死後の棲家として寿陵で契約されている方が多くいらっしゃいます。
寿陵には縁起がよいことの他、残された家族の精神的負担軽減や経済的負担軽減、お墓選びに使える時間の長さなど寿陵にはさまざまなメリットがあります。
家族と相談した上で、自分のお墓を寿陵とするか、次の世代に任せるかよく考えることが大事ではないでしょうか。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

墓じまい 洗浄粉骨-TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。