お墓にはどのような種類があるの?


終活や生前整理といった言葉がメディアで聞かれることが増えてきました。
その一環として、生前に自分のお墓について考えることや親が亡くなったことでお墓について考える機会もあることでしょう。

ここでは、お墓や霊園の種類についてご紹介いたします。

霊園・墓地の種類

経営主体や管理母体によって、大きく3つの種類に分けることができます。

  • 寺院墓地
  • 民営墓地
  • 公営墓地

寺院墓地


寺院が運営・管理を行っている墓地を寺院墓地とよびます。
寺院の境内に墓地があることが多いです。

僧侶による手厚い供養を受けることができること、法事の際に寺院の本堂を使用できることや墓地管理について信頼できる点などがメリットといえるでしょう。

寺院墓地を選んだ場合、檀家となる必要があります。
お寺へのお布施や寄付、行事への参加などを求められることもあります。
また、寺院によっては石材店を指定することもあるので指定外の石材店を利用したいという方にとってはデメリットとなるかもしれません。

民営墓地


公益法人や宗教法人、民間企業などが運営・管理を行っている墓地を民営墓地とよびます。

寺院墓地と違い、宗旨宗派や国籍などの制約がないところが多く無宗教の方でも利用しやすいことがメリットです。
公園のように整備されていて景観がよく、設備の充実や利便性が高いことも魅力のひとつです。

一方、利用料金や管理費用が高めに設定されていることが多い点がデメリットといえます。

公営墓地

都道府県や市町村などの自治体が運営・管理を行っている墓地を墓地と公営墓地とよびます。

自治体による運営なので民間企業のように倒産するというリスクが少ない点や使用料が割安な点が魅力となっています。

自治体によっては、「同じ自治体に住んでいること」「遺骨があること」「お墓を継承する親族がいること」等が申込みの条件となっていることもあります。
利用希望者は条件に該当した上で公募の応募しなければなりません。
応募が多い場合には抽選に当選しないと利用できない点がデメリットといえます。

お墓のタイプも多様化しています


従来、お墓といえばお寺の中にある寺院墓地が一般的でした。
最近では、お寺を離れて開発された公園墓地が主流となっています。
前述の民営・公営霊園においては、緑豊かな遊歩道で散歩を楽しむことやきれいな花を愛でることで四季を感じることもできます。
お墓参りに訪れる家族だけでなく、地域の方の憩いの場となっている霊園も増えてきました。
公園墓地においては、従来型の【一般墓地】の他【芝生墓地】【樹木墓地】【壁型墓地】【ガーデニング墓地】など新しいタイプの墓地も増えています。

  • 芝生墓地:芝生の上に墓石を建てたもの
  • 樹木墓地:墓石の代わりに樹木を墓標としたもの
  • 壁型墓地:板状の墓誌を設置したもの
  • ガーデニング墓地:花壇スペースがあり自由にアレンジできるもの

墓じまい 洗浄粉骨-TOP